お宮参りの際の母親の髪形について

お宮参りの髪型の注意点について

お宮参りでは、服装だけでなく、髪型にもマナーがあります。
基本は、服装と同じく、「赤ちゃんより目立ってはいけない」ということです。
一つ目の注意点は、「派手すぎる色は避ける」。
金髪や赤などのカラーリングはNGです。
たとえ正装をしていても、髪がそんな色では、却っておかしく見えてしまいます。
二つ目は、「目立つ小物は付けない」。
オシャレに見せようとするあまり、やたらと目立つヘア小物を付けている母親がたまにいますが、真似をしてはいけません。
どうしてもというのであれば、パールが付いた物にしましょう。
冠婚葬祭でよく使われるので、お宮参りの時に付けていても、違和感がないからです。
三つ目は、「長い髪は束ねておく」。
父方の祖母が来ていない時は、母親が赤ちゃんを抱いて歩くことになります。
その際、髪が長いと、赤ちゃんの顔にかかってしまいます。
かき上げるにも、両手が塞がっているのでどうしようもありません。
ですから、しっかり束ねておきましょう。

お宮参りに相応しい髪形の種類について

お宮参りに相応しい髪形には、以下の物があります。
一つ目は、「ショートカット」。
元気な印象を与える髪型です。
セットが手軽にできるので、ワックスなどでアレンジすることが多いですが、せっかくの祝い事の日なので、毛先をコテで巻くというのもおすすめです。
もしボリュームが出なければ、毛元も巻くとフワッとした感じになります。
二つ目は、「ボブ」。
これは、アレンジ次第でキレイめにも可愛い感じにもできる髪型です。
「片方にボリュームを持たせる」「コテを使い、毛先に流れとボリュームを出す」などのアレンジ法があります。
また、大人っぽい感じにもできるので、和洋どちらの服装にも合わせることができます。
三つ目は、「セミロング」。
これは、中途半端な長さなので、毛先の扱いが難しい髪型ですが、アレンジは比較的容易です。
可愛い感じにするなら、「ねじりアレンジ」がおすすめです。
ねじってからピン留めしたり、ゴム留めをするだけで、可愛い感じを出すことができます。

元気よく鳴った、思い出のでんでん太鼓

真っ赤なでんでん太鼓との出会い

 わが子が誕生してちょうど一カ月ほど経った頃、週末で互いの家族の予定が合ったため、夫の氏神様にてお宮参りをしました。この日は、臨月にせっせと手作りしたベビードレスをわが子に着せていったのですが、たった一カ月違うだけで二の腕の辺りがパンパンになっている様子を見て、小さいながらすごい生命力で成長をとげている子の姿に感動したのを覚えています。神社に着いてからは、その上から祝着をかけてやりました。
 無事にお参りを終えると、いくつかの品を帰り際に手渡していただきました。お神酒、お供え、お守り、お札などが入っていたのですが、そこに真っ赤なでんでん太鼓が入っていました。ためしに左右に振ってみると、その名の通りデンデンデンデン!と勢いよく元気な音を立て、わが子のこれからを元気づけてくれるような気がしました。そののちに自分でも振ることができるようになり、子ども自ら太鼓を鳴らす姿はまだ感慨深いものがありました。

でんでん太鼓にはこんな意味がありました

 しかし、このでんでん太鼓にどういった意味があるのか、お恥ずかしながら私はよくわかっていませんでした。実際、お宮参りにも使用していませんでした。そこで、お宮参りの際に持たせていくでんでん太鼓など、小物類のもつ意味を調べてみました。
 お宮参り当日には、宮参り扇子、犬張り子、でんでん太鼓などの小物を子どもに持たせていくようです。それぞれには色々な意味合いがあって、まず扇子には、その形から末広がりの人生を祈る意味があります。犬張り子には、安産である犬にならってすくすく丈夫に育つことを祈る意味。そして、でんでん太鼓は魔よけの効果を持つ玩具であり、太鼓のように裏表無く育つことを祈る意味などがあると分かりました。こうしたことが分かるとでんでん太鼓の強く高らかな音が、なるほど魔よけの効果を持っているように感じられます。
 こういったことをきちんと学んでいくと、お宮参りの深い意味合いにより気付けて良かったな…と今は思います。

お宮参りの由来とお参りする時期、費用のお話

赤ちゃんのご挨拶、お宮参りの由来

お宮参りは新しく生まれた赤ちゃんが地域の神社にお参りする日本の習慣です。
日本では私たちの暮らす土地は神様のものであるため、出身地や住んでいる地域を収めている氏神様へお参りをすることが習慣になっています。
例えると氏神様が土地の大家さんで、私たちが大家さんから土地を借りている住民ですので新しく土地を借りて暮らすことになった赤ちゃんも大家さんに挨拶をしましょうというものです。
お宮参りの習慣は古く、室町時代には既に行われていたと言われています。
当時は人の死と並んでお産は出血を伴うため「汚れたもの」として扱われていました。
その汚れを清めてもらうために始まったと言われています。
いつしか、お産を終えたお母さんと赤ちゃん、時代や地域によっては家族一同が神社に参拝し、その帰りに職場の上司や住んでいる地域の地主さんに挨拶に伺う習慣になりました。
現在では、住んでいる地域と職場とのつながりも低く、地域の有力者の方と顔を合わせることもないでしょう。
家族でお宮参りに行き、祖父母の家に立ち寄ることが現在の暮らしにあったお宮参りになるのではないでしょうか。

お宮参りに行く時期と必要な費用

お宮参りは赤ちゃんが生まれてから1カ月で行くとされています。
地域によっては33日などと決まっている地域もあります。
産後の体調や赤ちゃんの健康状態もあり、地域によっては予定している日が大雨や吹雪の日もあります。
必ず1カ月で行くことを守る必要はないと思います。
実際に私の暮らす北海道では特に期日は決められていません。
あくまで1カ月程度たったら挨拶に行くと忘れないようにすることで十分ではないでしょうか。
お宮参りに必要なものにお賽銭があります。
神社の本殿で神主さんにお祓いや祝詞を上げてもらう場合には初穂料や玉串料が必要になります。
地域によっては高額な玉串料を準備する習慣がありと思いますが、一般的な金額をお伝えしますね。
最近では大きな神社では受付で5000円や10000円などと表示されている場合もあり、一般的な金額も5000~10000円とされています。
玉串料や初穂料は白封筒や祝儀袋に入れてお収めする必要がありますので、祝儀袋のご用意を忘れずに準備しておきましょう。

赤ちゃんの体調を考え、社殿前での拝礼だけでも大丈夫

天候と何より赤ちゃんの体調を考えて

私が初めての子と2番目の子を産んだのは、それぞれ真夏と冬の入り口でした。初めての子は8月生まれなので、お宮参りをするのは9月になります。まだ残暑が厳しい頃なので、涼しくなるのを待っているうちに、お宮参りの事を忘れてしまいました。
その代わり、毎年お正月には産土神様の神社で御祈祷をして頂いているので、翌年のお正月のご祈祷がお宮参り代わりという事になりました。

服装も神様の前ですから、よそ行き位の格好でした。夫と3人だけで行ったので着物などは着ませんでした。
予定していた日が雨だったりしたら止めましょう。神社は殆ど予約が要りませんから、赤ちゃんの体調と天候、気温等を考慮してベストな日を選ぶといいと思います。

3番目の子は3月生まれだったので忘れる事も無く4月の半ば過ぎ、大分温かくなってからお宮参りをしました。
もう3番目の子だったので、今更祝い着を誂える事はせず、白いベビードレスにアイボリーのケープを掛けて寒さ除けにしました。
親も上の2人の子供達もスーツでした。

産土神様の社務所で、予め電話で聞いていた(相場である)5千円を納め、本殿で御祈祷を受けました。太鼓の音にも泣き出さず、無事にお参りは終わりました。


お宮参りは御祈祷を受けなくても可

お宮参りと言うと、おばあちゃんは着物を着て孫を抱き、両親も正装、御祈祷を受けた後は写真館で写真を・・・と、今は何かと派手になっている印象を受けます。

赤ちゃんに取っては初めての外出になる事も多いので、出来るだけ疲れない様な予定にしましょう。

お宮参りも、産土神様へのご挨拶と共に赤ちゃんがすくすくと健康に育つようにとの祈りを込めるものです。ですから、本殿でぎ祈祷を受けず、通常のお参りと同じように社殿の前で鈴を鳴らしてお賽銭を納め、二礼二拍手一礼をする方法でも構いません。
もちろん、その前には両親は手水舎で手や口を清めましょう。

社殿に向かって拝礼する時は、その時に赤ちゃんの家と住所、お名前は告げて下さい。これで立派にお宮参りになります。

これならば、その後写真館を予約していても赤ちゃんはそんなに疲れていません。

とに角、お宮参りは産土神様にご挨拶をするという気持ちがあれば、本殿でのご祈祷は受けても受けなくても大丈夫です。本殿でご祈祷を受けると、お札が頂けますが、社殿前での拝礼なら赤ちゃんにお守りを買って帰れば良いでしょう。

体験談!初めてのお宮参りはどのように進めたか。

お宮参りの準備。予約すべきはご祈祷と写真撮影と会食!

「お宮参り」の存在を知ったのは、妊娠5ヶ月頃のこと。初めての妊娠でわからないことだらけ、混乱していた私は、新たなイベントの登場に困惑しました。聞けばお宮参りとは、赤ちゃんが生まれた約1ヶ月後に、初めて神社にお参りする行事とのこと。周りのほとんどの人はお宮参りに行っていたため、私も産後に赤ちゃんを近くの神社に連れて行くことにしました。
里帰り出産で3ヶ月ほどは実家で暮らしていたのですが、産後1ヶ月の母体の状態を気遣ってもらい、お宮参りは私の実家の近くの神社で簡単に行うことにしました。参加者は私と夫と娘、私の両親、そして遠方から飛行機で来る夫の両親です。
神社や写真撮影の予約は、産後1週間近く経った頃に私の母にお願いしました。近くの神社に電話すると、ご祈祷を簡単に請け合ってくれたそうです。日にちとおおよその時間(お昼前)を伝えて、予約終了です。
次に写真館。これは、できるだけ当日の移動を少なくするため、神社の目の前の写真館を予約しました。
最後は、会食の準備です。これは、実家の近くに座敷でゆっくりできる店がなかったことから、仕出しをとって実家で行うことにしました。

当日の様子とお宮参りの後のこと

お宮参り当日のとある祝日。娘の初めての本格的な外出になったのですが、なんとその日に限って雨…。前日から来てもらっていた夫の両親とともに、実家からタクシーに乗り込んで神社へ向かいます。天気が悪いせいか、境内には誰一人おらず貸切状態でした。それはそれで、なかなかいい気分です。
受付で初穂料をお渡しし、厳粛な雰囲気の中でご祈祷してもらいました。ご祈祷してもらうとなんだかスッキリしたような気分になり、神頼みしたからこの子の将来も安全だ!というような安心感にも包まれたため、やっておいてよかったと思います。
その後、写真館へ移動して写真撮影。雨だったので、神社の近くにしておいて正解でした!それに、そういう立地の写真館なのでお宮参りのお客さんが多いらしく、カメラマンさんも赤ちゃんの扱いに慣れていて、テキパキととても上手に撮っていただけました。
それからバタバタと実家に戻り、簡単に会食です。自分の家なので赤ちゃんが泣いてもあまり気を遣わずにすみ、楽だったので、店にしなくて良かったと思いました。身内しかいないので、帰ってすぐに楽な服装に着替えられたのも利点です。
このように、できるだけ楽に楽にと考えてお宮参りの一通りの流れをこなしましたが、それでも翌日や翌々日は疲れが出て大変でした。
初めてのお宮参りをされる方は、できるだけ移動を少なく、お母さんが楽をできるようなプランを考えてほしいと思います。

お宮参りとお食い初めの関係性について

お食い初めとはどういう行事なのか

お食い初めは、お宮参りと間違えられやすい行事です。
赤ちゃんは、生後100日くらいで乳歯が生えてきますが、その時に食事の真似をさせることで、「一生、食べるのに困らないように」という願いを込めて行われる行事であり、実は平安時代から続いています。
お食い初めは、親族の中で最も年配の人が行います。
男児なら祖父が、女児なら祖母が、赤ちゃんに食事を食べさせる真似をします。
食べさせる順番も決まっており、「ご飯」「汁」「ご飯」「魚」「ご飯」「汁」という順番で、3回繰り返します。
さらに、「歯固めの儀」も行います。
まず、小石を三つ用意します。
それを、赤ちゃんに噛ませます。
もし噛ませにくければ、箸を小石に触れさせ、それで赤ちゃんの口に触れるという形でもOKです。
そして、噛ませた小石を半紙に包んで、へその緒と共に保管しておきます。
この儀式には、「小石のように硬度のある物でも食べられるほど、丈夫な歯になるように」という願いが込められています。

お食い初めとお宮参りの日程について

お食い初めがどういう行事なのかということを見てきましたが、ここで気になるのが、「お宮参りと別々にやらなければならないのか」ということです。
結論からいうと、一緒に行っても問題ありません。
赤ちゃんは、まだ体力も免疫力も不十分なので、病気になりやすい状態です。
あまり長く外出しないほうがよいですし、暑さや寒さなどにも気を配らなければなりません。
さらに、生まれた月や、母親の体調なども影響してくるので、他の家庭と同じように行うということ自体、そもそも無理があります。
つまるところ、「母親と赤ちゃんの体調が最も良い日に行う」というのが最善といえます。
そして、最も合理的なのは、お食い初めの生後100日に合わせるというやり方です。
通常、お宮参りは31日に行いますが、その時期はまだ赤ちゃんも首も据わっていないことが多く、母親も神経質になっていることが多いですが、100日くらいになれば、だいたい両者とも落ち着いた状態になっているからです。

お宮参りに行く際の祖母の服装について

お宮参りに洋服で行く際の注意点

赤ちゃんが来ているのがベビードレスなどであれば、祖母は洋服にすべきです。
しかし、一口に洋服といっても、季節によって着るべき物は変わってきます。
春であれば、ベージュなどの淡い色のスーツがおすすめです。
普段スーツを着ない人の場合は、カーディガンとパンツもしくはスカートというコーディネートでもよいでしょう。
夏であれば、スーツだとかなり暑いので、薄手のワンピースなどがおすすめです。
秋も、基本的には薄手の物で大丈夫です。
ただし、急に寒くなることもあるので、羽織る物を持っておいたほうがよいでしょう。
冬は、黒や紺などシックなカラーのスーツがおすすめです。
ただし、スーツだけだと寒いことがあるので、シルエットのキレイなダウンジャケットや、コートなどを上に着たほうがよいでしょう。
また、赤ちゃんも寒がるおそれがあるので、体温には気を配ってあげる必要があります。
ストールなどを持っておけば、赤ちゃんに巻いてあげることもできます。

お宮参りに和服で行く際の注意点

赤ちゃんが岩意義などを着ていれば、祖母は和服を着るべきです。
特に、「神社が近隣にある」「普段から着物をよく着ている」などの場合は、和服がベストです。
選び方ですが、すでに自前の物があるという場合は、それを使えばよいでしょう。
ない場合は、レンタルするというのが手軽な方法です。
レンタルする場所は、「写真館」「呉服屋」などがありますが、お店に行く時間がないという時は、通販でも可能です。
ただし、どちらの方法を選ぶにせよ、和服の準備には時間を要するので、いつお宮参りに行くのかということが分かったら、早いうちに祖母に連絡しておくべきです。
和服の種類については、「色留袖」「色無地」「訪問着」のいずれでも基本的にはOKです。
しかし、あくまでも赤ちゃんが主役なので、そう考えると、色留袖はあまりおすすめできません。
ベターなのは、色無地です。
また、和服には、「体を締め付ける」という難点があるので、体調が悪い時は着ないほうがよいでしょう。

お宮参りに行く前に準備しておくべき3つのもの