お宮参りをスムーズに行う方法について

赤ちゃんが生まれてから、おでかけをして行う大きなイベントの1つにお宮参りがあげられると思います。

ここでは、お宮参りをどのようにすればスムーズに行えるのかについて迫りたいと思います。


まず、お宮参りをする際、どなたが一緒に参列するのかを考えましょう。

地域によって、又は住んでいる環境や、里帰り先などによって事情は異なってくると思いますが、父方の親戚、母方の親戚、どなたが来るのかによってスケジュールのたて方も変わってくるでしょう。


まず、どなたが参列するのかを考えましょう。


次に、どの時期にお宮参りを行うのかを考えます。


通常ですと、約1カ月後に行う方が多いと思うのですが、真冬であったり、真夏であったりすると、新生児を連れて過酷な天気に出かけるのが辛い場合は、百日のお祝いと共に行う場合が多いようです。


赤ちゃんの体調を考慮して日取りを決めましょう。


そして、お母さんの服装についてですが、母乳で授乳中のお母さんですと、スーツが一番楽に授乳を行うことが出来るのでおすすめです。


しかし、一生に何度もあるイベントではないため、着物などを着たいという希望をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。


その際は、哺乳瓶で授乳することに慣らせておくと、着物でお宮参りに参列することが出来ます。


また、お宮参り自体は、1日仕事というわけではないため、親族が多く集まるのでしたら、お宮参りの前後に写真館で赤ちゃんと赤ちゃんを囲んだ親族の写真を撮ることをおすすめします。


沢山の親族の方に集まっていただいた思い出となり、赤ちゃんが大きくなってから見返した時に、良い思い出となるでしょう。


もちろん、親族が事情により来てもらえない場合でも、大好きな家族と赤ちゃんの時に撮った写真は、赤ちゃんにとって大切な思い出となります。


また、お宮参りが終わった後に、みんなでお食事に出かけるというのも、育児漬けのお母さんにとってリラックス出来る時間となるのではないでしょうか。