お宮参りは晴れ舞台 主に父方の家族がサポートします。

お宮参りを知らない世代の人たちへ

 

お宮参りは赤ちゃんが生まれてから初めて神社にお参りに行く晴れの日です。
この日には家族そろってお参りする晴れの良き日です。
笑顔を心がけて晴れの衣装を整えましょう。
男性はスーツなどジャケットやネクタイ着用のスタイルを用意いたしましょう。
女性もワンピースやスーツに準ずるスタイルを用意いたしましょう。
着物でのお参りも晴れの日らしく素敵なスタイルになるでしょう。
この時期には、授乳中ということもあり今まで来ておられたスーツやワンピースが入らないということがよくあります。
着物でありましたら、サイズに融通が付きますので体形の変化が気になられる方にはおすすめです。
お宮参りの日が近づいてくる前に衣装を確認して体に合うかどうか来てみましょう。
当日慌てなくてもよいようにしっかり準備しておかれますと安心して晴れの日を迎えられるでしょう。
暑い季節などには、薄着でのリゾートスタイルも素敵な晴れの日です。
赤ちゃんや家族の体調に無理のないスタイルで晴れの日を迎えましょう。

 


里帰りから戻ったら神社に予約しましょう。

 

出産から退院してそのまま里帰りしているスタイルが一般的になりつつあります。
里帰り先でお宮参りをされても良いですし、里帰りから自宅に戻られてから自宅近くの神社にお参りをされても良いのです。
お生まれになられてから約一か月たつ頃にお宮参りが行えますように、退院しましたら神社にお宮参りの予約ができるように電話をしてみましょう。
神社に直接出かけて行かれるのも良いでしょう。
神社により玉串料も異なりますので予約の際に確認しておきましょう。
当日には、赤ちゃんのミルクなど水分補給できる物を用意して体に無理のないように準備しておきましょう。
赤ちゃんのオムツや着替えも必要です。
ミルクやオムツ、着替えを入れる大きなバッグも必要になります。
ママバッグとよく言われるスタイルですが、これから先にもお出かけの時にはいつも使えますから使いやすいタイプを準備しましょう。
赤ちゃんも、授乳中のお母さんも体調に気を付けられるように人込みを避けて健康に注意して当てましょう。