初めてのお宮参りを大成功させるポイント

両家の家族がそろう特別な日だから写真に残しておく

赤ちゃんが生まれて一か月。はじめは慣れない育児に大変なおもいをしたママも、少し余裕が出てきてそろそろ外に出たいなと思う時期ではないでしょうか。そして赤ちゃんと過ごす最初のイベント、お宮参りが行われます。地域によって様々ですし、ママと赤ちゃんの体調の良い日を選んで行うのがベストです。お宮参りにあたってお勧めしたいのが、家族での写真を残しておくこと。この日ばかりは両家のおじいちゃん、おばあちゃんも揃っている家庭が多いですよね。せっかくの機会ですから、スタジオで撮ってもらうことをお勧めします。スタジオで撮ってもらうことのメリットとしては、店舗によって赤ちゃんの衣装が無料で貸し出しできる、ママやパパも和装の着付けをしてもらえる、とにかく綺麗で一番良い瞬間を撮ってもらえるといったものがあります。デメリットとしては費用がかさむこと、赤ちゃんがぐずって思うように撮影が進まないなどがありますが、せっかくなので一枚でも残しておくことを勧めます。

お宮参りの服装はママは洋装のほうが良い

お宮参りでの服装についてご説明します。基本的にお宮参りの赤ちゃんの服装はベビードレスであったり、祝い着であったりしますが、まだ体温調整の未熟な体なので、夏場や冬場のお宮参りを行う場合、形式にとらわれる必要はないと思われます。最近では、赤ちゃんやご家族含め全員が、記念の撮影はばっちりと正装でキメて、お宮参りの時には軽装で済ますご家庭も多くあるようです。そして、とくにお宮参りで正装をする場合にお伝えしておきたいのが、ママの正装は洋装であるほうが良いということです。例えば母乳育児の場合、着物を着ていたら絶対に授乳しにくいとおもいませんか?生後一か月はまだまだ授乳感覚があかない時期なので、洋装ならお腹がすいたとぐずる赤ちゃんにさっと授乳できますが、着物なら脱ぐ手間がかかり、また着るのも一人ではなかなか難しいと思います。授乳しやすいスーツも数多く販売されており、デザインも豊富ですよ。また、お宮参り当日の靴はできるだけヒールの高くない靴が良いと思います。産後一か月はまだまだママの体も本調子でないかもしれませんし、神社は砂利道や石段が多くもしも躓いたりすると大変ですので、ローヒールを選ぶことをお勧めします。